アピ歯科クリニック(歯科一般・小児歯科・予防歯科・歯科口腔外科・デンタルエステ)厚木市飯山

予防歯科

お子様への予防歯科

乳歯が虫歯になっても、永久歯があるから大丈夫というのは大きな間違いです。

乳歯の虫歯は永久歯の歯並びに影響し、乳歯には永久歯が生えてくるスペースを確保するという大切な役割があります。
幼いころから、歯磨きをする習慣と、良く噛んで食事をするという事を心がけましょう。

もし、虫歯になってしまったら、進行しないようにすぐに歯科医院に診てもらいましょう

大人の予防歯科

歯を虫歯にさせないためには正しい歯磨きの方法とプラークコントロールが重要です。

歯周病の原因は、虫歯の原因と同じくプラーク(歯垢)です。歯茎の周りにプラークがたまり、プラークが細菌に感染することによって歯肉が炎症を起こして腫れ、歯肉炎を起こします。歯周病が進行すると歯茎の腫れがひどくなり、歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。

また、炎症が歯槽骨や歯根膜まで及び、歯茎から膿が出たり、歯茎がやせて下がってきたり、歯がぐらついてきたりします。歯周病がさらに悪化すると、歯槽骨が溶けて歯のぐらつきがひどくなり、食べ物が噛むことができなくなって、最後には歯が抜け落ちてしまいます。歯を健康に保つために何よりも大切なのは「虫歯にしないぞ!!」という患者様自身の気持ちです。

その気持ちさえあれば毎日の歯磨きも頑張れるはずです。
定期的な歯科健診も忘れずに行くようにしましょう。

ブラッシング指導

当院では、必要に応じて歯磨き指導を行っています。

TBIとは「トゥース・ブラッシング・インストラクション」の略で、歯科衛生士などによるブラッシング指導を指します。毎日ご自身が行うブラッシングは、虫歯や歯周病を予防するために大切な要素です。

正しいブラッシングを身につけることで、プラーク(歯垢)を溜めることなく清潔な歯にしましょう。

Page Top