アピ歯科クリニック(歯科一般・小児歯科・予防歯科・歯科口腔外科・デンタルエステ)厚木市飯山

歯科口腔外科

歯科口腔外科

口腔外科というと手術を連想しがちですが、顎関節症や親知らずの抜歯など、また、インプラント治療なども含まれます。

親知らずの抜歯

親知らずは、永久歯の中でも、最も後に生えてくる歯です。

身長や骨の成長が止まってから生えてこようとするために、親知らずが生えるスペースが少なくなり、きれいに並ばなかったり、斜めや真横に向いて生えてくることにより、手前の歯や噛み合わせる相手の歯と、きつい当たり方をしていることもあります。

また、歯ブラシがうまく当たらずに汚れがたまりやすく、虫歯になったり、それにより口臭の原因になる、またたびたび痛みや腫れも繰り返すなど、何かとデメリットが多い歯でもあります。

抜歯した方が良い場合と、抜歯しなくて良い場合がありますので、是非一度ご相談ください。

インプラント治療

人間は一度永久歯を失うと残念ながら二度と生えてくることはありません。
そのためこれまでは「入れ歯」や「ブリッジ」などを用いるしかその部分を補う方法はありませんでした。

しかし「入れ歯」だと噛む力(咀嚼力)が低下する、発音がおかしくなる、また長く使っている間に歯茎や骨が変形して合わなくなってガタついてきたりする等のデメリットがあります。

それに対して、インプラントは顎の骨に歯根部となる金属(チタン)を埋め込み、その上に人工歯を被せるという方法で失った歯を補います。

このようにして天然歯のような審美性と、これまでの入れ歯やブリッジでは難しかった自分の歯のようにしっかりと噛めるという機能性が回復します。

Page Top