診療案内|アピ歯科クリニック|厚木市の歯医者・歯科

TEL.046-243-6480

〒243-0213
神奈川県厚木市飯山2086-18

MENU
診療案内

むし歯治療

患者さまの天然歯を長持ちさせられるよう、なるべくむし歯部分のみを丁寧に削っています。お年を召されても自分の歯で食べられる喜びを味わっていただくため、歯質を多く残して抜歯までの期間を延ばすことを目指します。

もっと見る

むし歯は、お口の中に存在する細菌が食べ物の残りかすを餌に酸を排出し、歯を溶かしていく病気です。皆さまが間違った歯磨きをしていたり歯並びが悪くて歯ブラシの毛が届きにくかったりしたせいで磨き残しができてしまうと、むし歯のリスクが高まります。

歯が痛くなってからむし歯に気が付いて歯科医院に駆け込む方は少なくありません。しかし、その状態はすでにむし歯が進行して神経にまで達し、多くの歯を削る必要がある重症です。痛みや歯質の切削量が少ない治療が可能ですので、歯が痛くなったら放置せずにご相談ください。事前に患者さまのご希望をしっかりとヒアリングした上で、ご負担の少ない治療をいたします。

歯周病治療

歯周病治療の基本は、患者さまが毎日しっかりと歯を磨くことと、それでも不十分な点を歯科医院で定期的にクリーニングすることです。歯ブラシでは取り除けないバイオフィルムや歯石を、歯科衛生士が丁寧にお掃除いたします。

もっと見る

初期から中期の歯周病に気が付くきっかけとして、歯磨きをした時に歯茎から出血することが挙げられます。この状態を放置すると、歯がゆれてきたり、痛みを感じたりするようになり、最終的は抜歯することになります。

歯周病から歯を守るために大切なのは、原因となる口内細菌の数を増やさないように、毎日しっかりと歯磨きをすることです。細菌は、お口に残った汚れをすみかに増殖します。しかし、どんなに丁寧に歯を磨いていても、汚れをすっかり取り除くことはできません。

セルフケアでは落とし切れなかった部分は、歯科衛生士が専用の器具を用いてクリーニングします。早期発見して初期のうちに食い止めるため、ぜひ当院の定期検診をご活用ください。

入れ歯(義歯)

入れ歯には、歯を失った後の口内環境を保ちスムーズなお食事をサポートするという、重要な役割があります。当院では、患者さまのご負担を抑えられるように、主に保険診療の入れ歯を提供しています。

もっと見る

入れ歯は、欠損した歯の両隣にバネをひっかけて安定させる部分入れ歯と、総入れ歯の2種類が基本です。保険診療では、土台部分にプラスチックを使っており、修理や改造がしやすいという利点があります。もちろん、経済的なご負担が少ないという点も魅力です。

また、部分入れ歯の場合、ブリッジと違って周りの健康な歯を削る必要はありません。今は金銭的な余裕がないけれど、いずれはインプラントを入れたいとお考えの方が、代替治療として選ぶのにもおすすめです。

一方、総入れ歯は、将来的に患者さまが寝たきりになってしまっても、介護者が取り外してお掃除できるため、口内を清潔に保ちやすいのも特徴です。

つめ物・かぶせ物

つめ物・かぶせ物とは、むし歯治療で削った歯や、怪我などで折れた部分に接着して欠損部分を補う、人工物です。様々な素材を取り揃えており、患者さまのご希望に合わせて見た目や機能性にこだわって作製できます。

もっと見る

歯を小さく削った際には「つめ物」を、大きなむし歯の治療や根幹治療で多く削った場合には「かぶせ物」を歯に入れるのが基本です。

保険診療のつめ物で一般的に知られているのは、銀歯とコンポジットレジンです。当院のかぶせ物では、ハイブリッドCAD/CAM冠と呼ばれる白いかぶせ物を提供しています。これは、患者さまのお口の中を撮影したデータを元に、白い材料を機械で削って作製するかぶせ物のことです。

他にも、白くて透明感があり、経年による変形・変色が起きにくい詰め物、被せ物もあります。また、表面がつるつるしているので汚れが付きづらく、むし歯や歯周病の予防にも役立ちます。

小児歯科

当院にはキッズルームや小児専用の診療室があり、お子さまが遊びに来る感覚で通えるように環境を整えています。また、事前にコミュニケーションを密に取り、お子さまはもちろん、親御さまからも不安を取り除くよう努めます。

もっと見る

小児歯科で重視しているのは、お子さまの健康を大切に考える親御さまのご理解とご納得を得ることです。口内状態や治療方法について丁寧にご説明いたしますので、分からないことや疑問点があれば、ご遠慮なくお尋ねください。

中には「乳歯はいずれ抜けるから」とむし歯をそのままにしてしまう親御さまもいらっしゃいますが、その認識には問題があります。乳歯には、成長に大切な食べ物を「噛む」、言葉を覚える過程で「はっきりと発音する」という機能に加え、「永久歯の誘導」という重要な役割があります。当院がサポートしますので、お子さまのお口の成長発育を考え、むし歯はしっかりと治療し、予防にも努めましょう。

歯科口腔外科

歯科口腔外科とは、むし歯・歯周病治療以外の外科的な処置を中心に行う診療科目です。親知らずの抜歯やインプラントなどの治療を始め、スポーツや事故によるお口周りの怪我や、顎関節症への対応も含まれています。

もっと見る

歯科口腔外科の中で多いのは、永久歯の中でも最後に生えてくる親知らずに関するご相談です。現代では顎の成長が不十分でスペースがなく、親知らずが横向きや斜め向きに生えてくるケースが多く見られます。そうした親知らずは、手前の歯を押して歯並びを悪くするなど、様々なトラブルの原因になります。

また、親知らずには歯ブラシが届きにくいため、汚れがたまってむし歯や歯周病になるリスクが高いのも特徴です。近くの奥歯がむし歯になる、口臭の原因となる等の問題もあり、十分なケアができない場合には、抜歯をおすすめすることもあります。当院では、患者さまのお口を見て抜歯したほうが良いケースかどうか判断し、アドバイスを行っております。ぜひ一度ご相談ください。

予防診療

むし歯や歯周病の原因はお口に存在する細菌ですので、正しい歯磨きをして細菌の巣である歯垢などを取り除かないと、何度でも再発してしまいます。お口の健康を維持するためには、定期的な検診や予防処置に取り組むことが重要です。

もっと見る

お子さまの予防は、乳歯をむし歯からしっかりと守り、永久歯へのすこやかな生え替わりをサポートすることを目的としています。大人になって歯のことで悩まないためにも、幼いころから自分で歯を磨く習慣を付け、よく噛んで食事をすることが大切です。

大人の方の予防では、お口の歯垢を減らす「プラークコントロール」がキーワードとなります。むし歯も歯周病も歯垢に潜む細菌が原因であり、歯垢をためないことがお口の健康維持に欠かせません。必要に応じて、ご自分で口腔内のケアが十分にできるよう、患者さま一人ひとりに合った磨き方をお教えします。「むし歯や歯周病にしないぞ」という強い意志を持って頑張りましょう。