インタビュー|アピ歯科クリニック|厚木市の歯医者・歯科

TEL.046-243-6480

〒243-0213
神奈川県厚木市飯山2086-18

MENU
インタビュー
  • HOME
  • インタビュー

皆さまにとっての「通いやすさ」とは何だろうと考え、医院作りをしています。

その一環として、キッズスペースや、親御さまが付き添って入れるお子さま用診療室も設けました。衛生管理が気になる方は多いと思いますので、高圧蒸気滅菌器などで滅菌処理をする場所が皆さまから見えるようになっています。こうした工夫が皆さまの足取りを軽くし、予防や検診に来ていただけるようになればうれしいです。

患者さまのお気持ちに寄り添った診療をモットーにしています。

当院には、歯の痛みでつらい思いをされている方や、歯科治療に対して苦手意識を持つ方がいらっしゃいます。そういった状態の方々に、少しでもリラックスして治療を受けていただけるよう、私もスタッフも笑顔で患者さまに寄り添うことを心がけています。

ご説明する際のこだわりは、お口の状況や治療方法をイメージしやいようにお話しすることです。

患者さまへご説明する際は、一般的な言葉を使うように心がけています。歯科用語を理解できる患者さまはあまりいらっしゃいませんので、私がどんなに詳しく説明をしているつもりでも、伝わっていないことがあるからです。

歯科用語を患者さまが普段使っていらっしゃる言葉に置き換えてご説明をすることで、お口の状況や治療方法をイメージしやすくなればと思います。また、「伝えたはず」ではく、患者さまに理解していただけているかこまめに確認し、認識を合わせるようにしております。

幅広い分野に対応できるよう、歯科全般を学んできました。

当院を地域に密着した歯科医院にするためには、何か一つの分野に特化するのではなく、様々なお悩みに対応できなければと考えました。そこで、できる限り幅広く学ぶことにしたのです。中でも外傷歯の治療は、力を入れて学んだことの一つです。お子さまは日常的に転んだりぶつかったりして怪我をすることが多いので、なるべく歯を残せるように取り組んでいます。

設備のこだわりは、広い空間と段差のないバリアフリー設計です。

院内のスペースを広めに取っているため、患者さま同士の距離にゆとりがある空間です。狭い空間が苦手な方にもリラックスしていただけるのではないかと思います。

また、玄関にゆるやかなスロープを設置しており、院内も段差がありませんので、車椅子やベビーカーをご利用の方もスムーズに診療室まで移動できます。

敷地内に、11台分の駐車場もご用意しました。お子さまやご年配のご家族を連れて通院されたい方や、遠方からの通院をお考えの方も、足を運びやすい環境作りをしています。

治療を終えた患者さまに喜んでもらえることが私のやりがいです。

歯科医師としてやりがいを感じるのは、やはり治療によってお口元が整ったことや、痛みが取れたことを患者さまに喜んでもらえた時ですね。始めは暗い表情で来院された患者さまが、笑顔になってお帰りになる姿を見られると、「歯科医師をしていて良かったな」と思います。